“メガネのソムリエ”オプト オオノ
Search this site.

http://opt-ohno.com/ “メガネのソムリエ”オプトオオノ OPT−OHNO オプト オオノ opt ohno OPT-OHNOhttp://toyamarod.com/ 北海道フライフィッシングLab.http://guide.toyamarod.com/ 北海道フライフィッシング・ガイドサービス
opt-ohno.com
自己紹介
キャリア
フレーム
レンズ
サングラス
Adjastigma
その他商品
出張サービス
メール
リンク
ブログ
フォト・ギャラリー
偏光サングラス
北海道 フライフィッシング Lab. : toyamarod.com



やっぱりアナログは良いっ!
昨夜は、久しぶりに大きな音量で、
M・Jを聴きました。
チョット家が揺れたかも…(笑)
このLPはかなり良い録音がされていて、
盤自体が厚く重いんです。

マイクロの超重量級のターンテーブルに乗せて、
更にはバキューム吸着させ一体化。
低域の延びが断然違うんですっ!

 
オーディオクラフトのトーンアームの先には
オルトフォンのSPU… 
パートリッジのMCトランスを通してLUXMANへ。 
オイルダンプを深く掛け、針圧2.5g。

お次はシットリとO・N
「高校生だった頃が蘇る〜」
チャーミングな歌声は今も30cmの円盤の中に…

CDは手軽で良いんですが、
何か聴いていて耳が疲れて来て…
その点、アナログは耳も心も癒やされます。
次はコレ、その次はアレと
ついつい何枚も(笑)

心が疲れているのかも…
イイエ、明日への活力を
チャージしているんですっ!!

| opt-ohno | 音の広場 | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
絞り開放っ!
先日、「乞うご期待」とUPした
借り物レンズを含めた
「絞り開放」のレンズの個性。

「無一居:花影」(60mm f2.2開)
タンバールを意識して作られたレンズとあって
ボケの具合が…
私の手に負えないレンズです。
f5.6位まで絞ると、何とか成りそうな予感…

「HELIAR」(50mm f3.5開放)

「Voigtlander:ノクトン・クラシック」
(35mm f1.4開放)

「LEICA:SUMMILUX 1st」(50mm f1.4開放)
「貴婦人」の名で知られた名LENS

「LEICA:ELMARIT」( 28mm f2.8開放)
このレンズは、とにかく良く写るんです。
全てにおいて、優秀なレンズです。
最近お気に入りのお散歩レンズです。

Voigtlander HERIAR」(50mm f2 開放)
このレンズは限定600本で、本家LEICAに
決してヒケをとらない作りです。
さすが、made in Japanっ!
| opt-ohno | 音の広場 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
バッハ・トゥー・ザ・フューチャー
「チョット、へそ曲がりな私の音楽嗜好」

以前から好んで聴いていた
ジャック・ルーシェ(P🎹)の
「PLAY BACH」ですが、
なんと「TELARC」盤がッ!!

上のCDに収録されている曲と結構ダブるので、
聴き比べをしたくて、Amazonで中古盤を「ポチっ」

ン〜 イイ〜っ!!🎼

上の「PADOLE WHEEL盤」は
音の立ち上がりと、消えていく雰囲気は
勿論最高でありながら
楽器一つ一つから紡ぎだされる音もキレイに
響いて、それぞれの楽器の位置(奥行きも)
明瞭に… 

「TELARC盤」は、「PADOLE WHEEL盤」とは
逆で、かなりマイクロフォンがON気味?

全体の雰囲気よりも、楽器その物の
音が触れる様な感じで、鳥肌モノです。

これが ¥1,000チョイで…

イイもん、メッケッ!

| opt-ohno | 音の広場 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベートーベン交響曲第9番
またまた、ベートーベンの第九コレクションに
仲間が増えました。

勿論、へそ曲がりの私…
ピアノ用の編曲(リスト)バージョン。

このCDは前にもご紹介した
カツァリスの演奏です。



しかし、今回は更に極めつけの一枚がっ!


この盤は、なんと2台のピアノでの演奏なんです。
ということは、最大で20の音が…🎵
音の厚みというか、表現の力強さが
カツァリス盤とは一味も二味も違い、
面白いです。

暫くは、このCDにハマりそう(笑)
| opt-ohno | 音の広場 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
今、ハマっているモノ
「最近、Amazonで購入したCD」
このCDにハマっていますっ!

へそ曲がりの私の耳(感性?)は、
通常の演奏では飽きたらず、
例えば、以前ご紹介した
交響曲をピアノ演奏用に編曲されたバージョンや
ピアノ協奏曲をバイオリンで演奏したり
またその逆のバージョンだったり…

更には、ベートーベンやモーツァルトが
作曲した当時に使われていた楽器を
使っての古楽器と当時の編成での
少人数の演奏だったり…
もちろんストリングスはスチールではなく
ガット弦で、金管はピストンの無い物。


作曲した当時は、今のように
大ホールに千人二千人の聴衆を対称とせず
貴族の宮廷の大広間で演奏するわけですから
おのずと音量も小さくても
問題なかったわけですから…

今の演奏スタイルでは、作曲家の思いと
聞き手の感じ方にギャップが生じるのでは?

今回のCDは、古楽器の演奏ではないのですが
ベートーベンのバイオリン協奏曲を
ピアノで演奏しているバージョンです。

以前、FM放送でエアチェック
(現在では死語?)した
カセットテープを聴いていたのですが
今回、Amazonで発見っ!

お気に入りの曲に久々に快挙感に浸っております。



| opt-ohno | 音の広場 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ついに見つけたっ!
以前から探していたモノを
ついに手に入れましたっ!!

実はこのベートーベンの交響曲全曲集は、
あのリストの編曲によるP版なのです。
本当は、全てLP(レコード盤)で
揃えたかったのですが
なんせ、今の御時世… それは無理っ!
4番と9番は20年前にLPで
手に入れてあったのですが…
で、今回Amazonで全曲版CDを発見っ!
何の迷いもなくポチッ!

今年は良いこと有りそう…👍

| opt-ohno | 音の広場 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
海を渡ってきた「赤い箱」
この時季なると、「大掃除」が頭をよぎる。
何もわざわざ、寒く成ってからやらなくても
雑巾はお湯を使わなきゃ手がしびれるし
冷えた空気で、身体能力はいつも以上に↓…
って、つい思ってしまうのは私だけ?

赤い箱発見っ♬」
解る人には懐かしい箱ですよネッ!
購したのは、も25年前
でも中身は今も現役です👍

と、何だかんだ文句を言いつつ
取り敢えず「大掃除大作戦開始っ」
「断捨離」も兼ねての宝物の捜索も…
(自分のモノなので、特別に大したモノは…×)
ただ、懐かしい品物や写真が掃除の手を止めて
しまい、朝9時開始で夕方5時迄(疲〜)
その上、断捨離は思うようには進みませんでした(笑)

続きは、今度の休みに持ち越し…(トホホッ)
| opt-ohno | 音の広場 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
師走といえば…

ステキな出来事っ! 
やはり師走はこの曲でしょ!

毎年、仕事の最終日に仕事場から自宅まで
第九を聴きながら運転して来ます。
そして曲が終わるのとドンピシャ同時に
駐車場に車を停めるタイミングで
締めくくりたいのですが、
毎年、数十秒ズレてしまいます…

結構 難しいんです…(笑)

下記のリンクを
コピペして
ご覧になってみて下さい。

感動モノですよっ!
http://virates.com/cool/075859

| opt-ohno | 音の広場 | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
マッチョなクロワッサン

セガレ:学校から帰ってきた途端
「腹減った〜っ バイトの前にコレ食べよっ」 
私:チョット待った〜っ!と、
それを取り上げて
「マッチョなクロワッサンを激写っ!」
| opt-ohno | 音の広場 | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
涼を求めて…
 今日は昨日より幾分暑さが和らいだとは言え
十二分にコタエてます… (・.・;)

そこで、エアコン並とは行かないまでも
何か策は無いものかと…

そうだっ! 
モーツァルトの「レクイエム」聴いたらどうだろう?
ちっとは涼しくなるかな?

「レクイエム」
指揮:クリストファー・ホグウッド
エンシェント室内管弦楽団


「琴鳥」
このコンビネーションは、以前からのお気に入りっ!
(オワゾリール レーベル:フランス⇔デッカ:英国)

古楽器(作曲当時の楽器を使い収録)演奏に定評で
私もモーツァルト ベートーヴェンの
レコード&CDを何枚かを
コレクションしております。

作曲当時の小編成スタイルでの演奏を聴くと
現代のフルオーケストラの大迫力とは
違った趣が感じられてお奨めです。

で、涼しさの件は一体…
真空管アンプのお陰でどうも…

要は、こちらの受け取り方って事でしょうか…
オケの規模と同じで…
| opt-ohno | 音の広場 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) |


ホーム | 自己紹介 | キャリア | フレーム | レンズ | サングラス |Adjastigma |その他 | サービス |

メール | リンク | ブログ | ギャラリー | フライフィッシング | 偏光サングラス | このページの先頭へ