“メガネのソムリエ”オプト オオノ
Search this site.

http://opt-ohno.com/ “メガネのソムリエ”オプトオオノ OPT−OHNO オプト オオノ opt ohno OPT-OHNOhttp://toyamarod.com/ 北海道フライフィッシングLab.http://guide.toyamarod.com/ 北海道フライフィッシング・ガイドサービス
opt-ohno.com
自己紹介
キャリア
フレーム
レンズ
サングラス
Adjastigma
その他商品
出張サービス
メール
リンク
ブログ
フォト・ギャラリー
偏光サングラス
北海道 フライフィッシング Lab. : toyamarod.com



<< 久しぶりにアンプに “火” を入れました。 | main | 本格的な、暑さと眩しさ! >>
「百聞は一見にしかず」 確かにそう思います。
皆さんサングラスをお持ちと思います。が、通年使うアイテムとして
お考えの方が意外と少ないのが現実。 貴方は如何ですか?
夏のイメージとして捉え、まるで季語のごとく夏以外の季節は
ケースの中・・・
そのように、出番を限定してはいらっしゃいませんでしょうか。
夏の日差しは確かに強烈でものすごい太陽エネルギーを
直接感じるものですね。 しかし、ご存知のように
一年で一番紫外線(UV=ウルトラ・ヴァイオレットの略)が
強烈なのは5月〜6月と言われております。(すでに7月ですが・・・)
サングラスを掛けないでの外出は、危険!!
それも粗悪な物を使用すれば尚のこと危険この上在りません。
確かに色が濃ければ眩しさは軽減いたします。
そして、濃いが故に散瞳(光量が下がり瞳が開く状態)し、
まるっきり無防備の眼(眼球内のレンズ=水晶体)が、
日焼けしているのです。
安物のレンズは効果的なUVカット作用に問題が有り、
無防備に開いた瞳孔から進入した紫外線が水晶体を直撃!!
その結果、人の眼では感じる事が不可能な光線(紫外線)によって、
将来的に白内障の発症率は確実に上がります。
全く怖いお話です。知らず知らずに紫外線被爆している事実。
また、冬の太陽は、夏とは異なる低い軌道を描きます。
したがって、視界に直接光と反射光が飛び込んで来ます。
そのような状況で、偏光サングラスの威力を発揮!!
「とにかく楽なのです」
この事実は、言葉で表現するよりも体験が一番。
良いサングラスは、365日出番があるものです。
私は、その日の天気、時間帯で濃度や色を使い分けて
安全運転に結び付けております。

裏技公開
出先で、思わずカメラを向けたいシーンに出くわした時に、
レンズの前に、自分の掛けている偏光サングラスをかざして
PLフィルターとして活用しております。(咄嗟の機転?)
これで、結構味のある写真をGETして自画自賛しております。
下の写真は、あくまでも参考です。フレームも写りこんでおり
こんな感じで・・・と、言うことです(笑)
偏光レンズで見た葉っぱ
| opt-ohno | サングラス | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.opt-ohno.com/trackback/235455


ホーム | 自己紹介 | キャリア | フレーム | レンズ | サングラス |Adjastigma |その他 | サービス |

メール | リンク | ブログ | ギャラリー | フライフィッシング | 偏光サングラス | このページの先頭へ